実は全部一緒なんです❕~保育のプロが教えるスプーン、箸、鉛筆の持ち方~

こんばんは☆彡

綾華(龍也の嫁)です!

今日はお休みなのでお昼まで寝つくして、
のんびりモード!

昼過ぎに仕事に行った旦那(龍也)から
『外めっちゃ 暖かいよ~』とLINEが入っていたので、
世間は自粛モードですが、買いたいものもあったので、
ちょっぴり札幌狸小路近辺を回ってきました!

ですが・・・どこお店もシャッターが閉まっていました・・・
開いていたのはドンキー・ホーテとドラックストアーくらい!

来月5月10日は、母の日なので、
義母と実母にお花を贈ろうと思って
いくつかのお花屋さんに行きましたが、
どこも締まっていました( ノД`)シクシク…

前回の自粛要請の時よりも、
生活がしにくくなりましたね・・・

暗い話はさておき・・・・

今回は・・・

【スプーン、箸、鉛筆の上手な持ち方について】

スプーン、箸、鉛筆のこの3つ!!
お子さんが、うまく持てなくて
お困りの親御さんはいらっしゃいませんか⁈

これらは、生活の上で、一生持ち続けるもの!
大人になれば、人前で持つことも多くなります!

ですが、これらの持ち方は、
子どもの時に、正しい持ち方を覚え、慣れないと、
大人になってからはなかなか直せないもの!

実際、私の母(実母)は、箸の持ち方がおかしく、
祖父(母の実父)に『綾華は、箸の持ち方が綺麗だよな~!
それに加え、おまえ(実母の事)の持ち方はなんだ!変だぞ!』
と時々言われていたのを覚えています。

それに、対し、母は必ず
『小さいときにちゃんとお父さんもお母さんも教えてくれなかったもん。』
と祖父に言い返しています。

私自身、箸の持ち方をどこで・誰に教えてもらったかなど覚えていませんが・・・
保育士になった今では、子どもたちの前でこれら3つを持つこともありますので、
正しい持ち方をしていてよっかたな~と思います!

それではまず・・・

【スプーンの持ち方のポイント】

子どもは、1歳くらいになると食事の際に、
自分で、食べたがるようになり、スプーンを握り始めます。

最初は、このように、グーで握ると思いますが・・・
上手に口に運べるようになると、
大体2歳半頃から正しい持ち方を練習させてあげて下さい!

まずは・・・
お子さんに右手を出させ・・・
『バーンの形して!』と言って、鉄砲の形を作らせます!

次に、人差し指の付け根のところに
スプーンを置いてあげて下さい!

そして、親指を閉じてあげて握らせてあげると・・・

正しい持ち方完成‼

【躾箸について】

まず、お箸の練習にはこんなものがあります・・・☟

これは、躾箸と言って、
お箸の練習用に売られている商品です!

ですが・・・保育士の私は、これをオススメしません!!

確かに躾箸は、使う指を覚えたり、
挟む力をつけてくれますが、
いざ!普通の箸を持たせようと思ったとき・・・

お子さんは上手に持つことが出来ません!

何故なら・・・

躾箸の指を入れる部分に頼ってしまい、
実際、普通の箸をもとうとしたとき、
全くお箸を支えることができないのです!

【お箸の持ち方のポイント】

お箸の持ち方も実は、スプーンと一緒!

まずは・・・

右手で『バーン!』を作ってもらいます!

そして、
人差し指の付け根に箸の1本を置き
親指で支えてもらいます!

次に、親指と人差し指の付け根の
隙間からもう1本の箸を入れます!

正しい持ち方完成!!

【鉛筆の持ち方のポイント】

鉛筆は、スプーンの持ち方と実は同じ!!

『バーン!』を作らせ・・・

人差し指の付け根に鉛筆を乗せるだけ!

そして握ると・・・

正しい持ち方の完成!!

 

【まとめ】

大人は、自然と、スプーンも箸も鉛筆も持っているので、
この3つが同じ持ち方なんて考えもしないですよね!
しかも、どうやって教えてもらったかなんて覚えてない!
それは私も一緒です。

この教え方は私が先輩保育士さんから教えてもらった一つです。
もしかしたら、もっと簡単な方法があるかもしれません!

ぜひ、子育ての参考にしてみてください!