【朗報】国民一律10万円給付が正式に決定!今後の流れを解説

こんにちは!
どうも龍也です(*´▽`*)

国民1人当たり10万円給付がいよいよ実現しましたね!

そのことについての情報を解説したいと思います!

ついに国民に一律10万円給付実現へ

17日に安部首相が首相官邸で記者会見をし、
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って
全国的に緊急事態宣言を発令したことをめぐり
人との接触を最小限に削減するように呼びかけました。

国民に1人あたり一律10万円給付を実施する事も
表明し、減収世帯に30万円を取り下げました。

安部首相からは

混乱を招いた事は私自身の責任であり、
国民の皆様に心からお詫びを申し上げたい。
日々事態が推移する中、健康な暮らしを最優先し、
国民の声に耳を傾けながらベストの判断をするよう
責任を果たして行く決意だ

と述べました。

また、一律10万円給付とした理由について、

特定の事業者だけでなく、ほとんどの国民が
外出を自粛しないといけない不安の中にある。
国民みんなでこの状況を全体として
乗り越える中においては一律10万円を
すべての国民に配るという方向が
正しいと判断した。

と述べました。

給付についても

『スピードを重視する。郵送やオンラインでの申請を考えている』

との考えを示しました。

世間の反応は?

非を認め、対応を改めるのは良いことだと思うので、速やかにやって欲しい。ただ、自由奔放な夫人は檻にでも入れて置いて欲しいし、この期に及んで現金給付は手を挙げた人にとか頭のおかしいことを言ってる麻生をどうにかしてくれ。
非を認めて謝罪したのは今までと違い決意を感じました。
給付費のオンライン申請も期待出来ます。
あとは感染拡大を防止することに全力で取り組んで欲しいです。

謝罪と感謝から始まったこの会見は、前回とは違い同じ目線に立ってくれた気がします。強い意志が感じられて、こっちも頑張ろうと思いました。為せば成る、ですね!
などと、前向きにも後ろ向きにも取れる投稿が多数
見られました。

申請手続き「窓口でなく郵送やオンライン」

安部首相は会見で国民一人あたりに一律10万円給付する際の申請の手続きなどについて、

『リーマンショックの時、全国民一律に配布した契約給付金の際には案内を送る作業だけで3ヵ月もの時間を要した』

と述べ、

『今回はスピードを重視するとともに、申請する人が殺到して感染リスクが高まる事を避ける観点から、市区町村の役所の窓口ではなく、郵送やオンラインの手続きを考えている』

との考えも示しました。

これによりどれだけの速さで国民に給付されるかはわかりませんが、
少しでも早い政府の対応を願うばかりですね(*´▽`*)

それでは今回はこれにて(^^)/