ひらがなを覚えた4歳児【家の近所での出来事】

こんにちは!
綾華(龍也の嫁)です(*´▽`*)

保育士歴9年のお局保育士です。

今日は、4歳児の普段やんちゃで、おしゃべりが大好きな男の子と
会話していて面白かった出来事を紹介します♪

昨年からひらがなの勉強を始め、4月に進級し、
ひとつお兄さんになったからとより一層
ひらがなの練習を頑張っている4歳児‼(以下Kくん)

ある日、登園してきたKくん!!

そのKくんが突然言った一言…

『たけ〇先生!先生のお家見つけたよ!』

Kくんの家の近所には、¨たけ〇¨という美容室があるのですが…

そう…私の旧姓たけ〇‼

(結婚した今でも、子どもたちから旧姓で呼ばれています。)

『ん???』(園児に自宅なんて教えてないのに…)

確かにKくんの自宅と私の自宅は、目と鼻の先で、
バレるのも時間の問題だと思っていましたが…

『あそこの、たけ〇ってお店、たけ〇先生のお家でしょう?』

Kくんは、ひらがなを覚えたばかりで、
目に入ったひらがなは何でも読んでしまいます。

読めるのが嬉しくてお母さんにも、
そこの美容室が私の自宅だと教えていたそうです(^^♪

かわいいですね♪

『確かに、あそこのお店にたけ〇って書いてあっるね!
でも先生のお家あんなにおおきくないわ~。
Kくん先生に大きいお家建ててくれる~?』

Kくん『いいよ~!Kが大きくなったらね~』

『先生そんなに待てるかな~』

…と、2人で顔を合わせながら笑いあって終了(笑)

この文章を読んでいると、
大したことのないただの子どもと大人の会話ですが…

昨年度は、読めなく『これなんて読むの~?』
としつこいぐらい聞いてきてた彼ですが(笑)

私たちにとっては、ただのひらがなですが、
子どもにとっては、ひらがな50文字覚えるのも大変なこと‼

しっかり覚えた彼の成長に保育士として嬉しく思います。

また、ひらがなを覚えることは、
ひらがな表を見て覚えるのも大切ですが、
日常の生活の中(例:スーパーの商品表示をみるなど…)で
ひらがなを見つけて興味を示し、
覚えようとする力も大切ですね♪